基礎体温

女性(特に妊活中の女性)にとって、基礎体温を計測することは非常に重要です。妊活を行う場合でも、不妊治療を開始する場合でも”基礎体温”はその時の身体の状態を知らせてくれる重要な指標です。本記事では、”基礎体温”がなぜ重要なのかが分かるように、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)との関係や、正しい計測方法などを解説していきます。

 

月経周期とは

まずは月経についての基本の「キ」を説明します。

《数え方》

  • 月経初日: 1日目
  • 月経最終日: 次のへ月経周期の初日の前日
  • 正常な周期: 25〜38日

 

《どういうもの?》

  • 1周期: 卵胞期 → 排卵期 → 黄体期 → 月経期
  • 目的: 毎周期ごとに妊娠の準備を整えている
  • 原理: 脳と卵巣から分泌されるホルモンによって制御されている

 

《妊娠するためには・確率を上げるには》

  • 卵胞が正常に発育され
  • 排卵日の約3日前から数度の交渉を持ち
  • 正常に排卵が起こり
  • 正常に受精し
  • 正常に着床する

 

《排卵日の推定方法》

  • 基礎体温を計測し続ける
  • 排卵検査薬を使用する

 

基礎体温とは

女性が朝目が覚めたときに起き上がらず、寝たままの状態で舌の下に婦人体温計を入れて5分間はかった温度。

《基礎体温の例》
基礎体温を計測し、記録を続けると以下の図のように低温期と高温期をみることができます。
基礎体温

 

《測定のポイント》

  • 毎朝、起床後すぐに測定
  • 測定は身体極力動かさず寝たまま
  • 毎朝、継続する
  • 測定し忘れた日があっても気にせず続ける
  • データは記録しグラフ化する

《何がわかるの?》

  • ホルモン分泌が正常かどうか
  • 排卵したかどうか
  • ベストな交渉のタイミング(もしくは避妊すべき時期)
  • 今後の自身の排卵時期の推定
”基礎体温”を継続して測定し続けると、月経1周期中に、高温期と低温期の2期間に2分できることに気づきます。
低温期から高温期に変化した日が”排卵日”となります。
つまり基礎体温を測定し続けることで、病院に行って精密な検査を行わなくても、
・排卵が起きたかどうか
・ホルモン分泌の状況が正常がどうか
・妊娠確率を上げる交渉のタイミングがいつ頃か
をざっくりですが推定できるということです。
具体的には、以下の点がわかります。
  • 低温期 → 高温期に上昇 = 排卵が起こったこと
  • 基礎体温の上昇を確認した過去12時間以内に排卵が起こった
  • 基礎体温の上昇を確認した過去36時間以内にLHサージが起こった
《重要なこと》
基礎体温の変化を知ることで、最も妊娠しやすい時期(数日間)を知ることができ、これにより妊娠確率が最も高い交渉時期を絞り込むことができます。
妊娠を望まない場合は、避妊にも有効です。

計測方法

《方法》
  • 朝、目覚めた直後、身体を動かす前に体温を測定する。
  • 検温部分を舌の裏の根元煮付けて測定する。
《重要なポイント》
  • 専用の婦人体温計を準備する。
  • 寝る前に、寝ながら手が届く位置に体温計を置いておく。
  • 5時間以上の睡眠時間をとること。
  • 検温時は身体を極力動かさず、寝たまま測定すること。
  • 測定時間は同じ時間帯の方が良いが、
  • 起床時間が不規則な場合でも、起き上がる前に測れば問題ない。
  • 継続して、記録をつけること。

必要なものを入手

婦人体温計

基礎体温の測定に使用するのは「婦人体温計」であり、普段使用している体温計とは違います。
種類としては、大別すると2種類あります。
  1. 予測式: 検温時間が短い、実測式より精度が劣る
  2. 実測式: 検温時間が長い、予測式より精度が高い
    通常、予測式の体温計は、実測機能も備えている場合が多いです。
    一方、予測機能がない実測機能のみを備えた体温計もあります。

    おすすめ

    ・①+②の機能を合わせ持つ婦人体温計

     

    OTTO
    基礎体温計測は、長期にわたって記録を続ける必要があります。
    記録したデータの信頼性をどこまで求めるかは個人差がありますが、私としては、使用する体温計の型やメーカー、測定方法は、変更しないで一定にした方がいいと考えています。

    なぜなら、長期間毎日、基礎体温を計測し続けるのであれば、毎日、短時間で計測できる予測式を使用する方が、生活への負担も少なく、楽だからです。

    基礎体温は、時間帯・気温・睡眠・感情などによって容易に変動しうるものなのに加えて、体温計の種類を頻繁に変えてしまうと、基礎体温の異常を確認したときに、本当の異常なのか、それとも体温計の個体差なのか、分からなくなるからです。

    基礎体温記録紙・アプリ

    毎朝、計測することになるので、記録しやすい方法を選択する必要があります。
    インターネットで無料で入手することも出来ますし、安価な手帳タイプやアプリを使用することができます。

     

     

    ちなみに

    私の妻は、当初、アプリに基礎体温をノートに書いたり書かなかったりしていて、過去のデータを探すのが大変でした。今では、アプリも記録ノートも使っています。
    アプリは便利ですが、記録の保存期間が重要なので、長期保存可能なもの、バックアップできるものを選ぶことをおすすめします。

    (参考)基礎体温とホルモンとの関係

    最後に、各種ホルモンとの関連が分かり易い図のみを掲載します。
    (別記事で詳しく解説したのそちらを参照してください。)
    月経とホルモンの関係



    ブログランキング・にほんブログ村へ

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事